髪のエステで今までで一番好きな髪に

武蔵野・三鷹 髪質改善ヘアエステ ORINASのニュース

  • 『髪にはなにも付けたくないの』ってお客様、本当にそれでいいんですか??

    『髪にはなにも付けたくないの』ってお客様、本当にそれでいいんですか??

    2017.09.21こんにちわ、三鷹で唯一の【髪質改善ヘアエステ専門店】オリナスの、   髪質改善と縮毛矯正を圧倒的に得意とする美容師・マエカワです!! お客様の【美髪】の為に日々つぶやいております。   お客様からよく 『髪には、なにもつけたくないの』 ってご相談されます。     確かに、おっしゃる意味も気持ちも分かります。m(_ _)m     まず理由としてあがるのが、    ・寝る前に髪になにかついていて布団や枕が汚れてしまうのが嫌だな    ・お肌についてしまうのが嫌だな(お肌が敏感な方は特に)    ・香りが嫌だな    ・ベタベタするのが苦手   と、こんなところでしょうか。   確かに僕も寝る前に髪になにかついていて枕を汚したくはないなーとは思います。   だけど、少し考えてください。     お肌には、皆さん化粧水や美容液は使ってますよね?? そしてファンデーションなどでもキレイに見せるはずです。 (辛口に言って成分だけで判断するなら、メイク用品の方がよっぽどアウトバスケアに比べたらお肌に良くはないですからね!)     もちろん、お肌は大事です。   けれど、髪の毛はそれ以上にデリケートだっていうのを、もっと知ってもらいたいです!!!   それは何故か!?   お肌と髪の毛には決定的に違う差があります!   お肌は、再生細胞です。傷ついてもある程度なら自然治癒力があります。   ですが、髪は死滅細胞です。一度細胞が傷ついてしまうと、二度と元には戻りません。   なのでお肌(皮膚)よりも毛髪はまず傷ませないということがなにより大切です。   オリナスでは、お客様ひとりひとりに合った正しいケアをお伝えしています。   おひとりおひとり違う【悩み】であり、その時の状態によっても変化します。   ここで大切なポイントとして、正解はひとつじゃないってことです!!!   例えば、Aさんがいたとして、僕が Aさんは朝起きてからアウトバスケアでこの〇〇メーカーのミルクタイプを必ずつけてください そしたらAさんはミルクタイプが一番なのかなって思いますよね。   そして、お友達にミルクが一番良いって聞いたよって伝えるとします。   これ非常にダメなパターンですよね。   なにがダメか??   そのAさんにとってはミルクタイプが良いとして、そのお友達の今の髪の状態に必ずしも〇〇のミルクが合っているとは限りません。   そのお友達の状態に合った成分がきちんと入っているか、ミルクの形状でいいのか、希望の質感なのか、   考えることは多々あります!   はたまたAさんにとっても髪がキレイになってきたら、〇〇メーカーさんではなく、違うものにも変化します。 季節や環境によっても当然変化します。   それら全ての事を踏まえた上で、お一人お一人に合った正しいもの、使い方を提案します。   他人(雑誌、CM)が良いと言っているモノ   高いモノ、安いモノ   それらが全て間違っているわけではありません。   大切なのは、【今のアナタの髪に必要なモノを、必要な時に使えているか】これがポイントです。     、、、、少し話が逸れてしまいました(笑)失礼しました!m(_ _)m     話を戻して、髪になにかをつけることが苦手と言っていては、髪質改善はむしろ   エイジング毛(加齢と共にやってくる老化した髪の毛や乾燥)は防げません。   勿論、オリナスのヘアエステで状態は良くできます。   それ以上にご自宅でのケアは状態の改善を早め効果をも高めてくれます。   もし、お肌(皮膚)が弱い人でも最近では化粧水と同じ美容液成分のみで出来たタイプのものもあります。   たとえば、 N.【エヌドット、ポリッシュオイル】   ・・・これは、シアバター成分が主で、ヘアだけでなくハンド、ボディオイルとしても使えます。 お肌荒れを気にしていらっしゃる方にオススメです。   例えば、枕が汚れるのが嫌ならタオルをカバーにすればいい。     他にも、それぞれの【悩み】を解消する方法は沢山あります。     人間はノドが渇いたら水を飲み、 体調が悪ければ栄養を取ります、 傷が出来たら薬を塗る   それらのことと同じように髪にも必要なものを使ってください。   ただ、闇雲になんでもいいわけでは、決してありません。   きちんとアナタにあったモノがあります。     オリナスではしっかりとカウンセリングを行い、   アナタにとって最適なモノを提案しますのでご安心ください。   髪にはなにもつけたくない気持ちもわかりますが、、、   アナタにきっと必要なものが存在します。   ご質問・ご相談ありましたら、責任を持ってしっかりとお応えしますので、   お尋ねください。m(_ _)m                

  • 悩めるお客様へ『ビビリ毛の対処方法と考え』

    悩めるお客様へ『ビビリ毛の対処方法と考え』

    2017.08.06こんにちわ、三鷹で唯一の【髪質改善ヘアエステ専門店】オリナスの、   髪質改善と縮毛矯正を圧倒的に得意とする美容師・マエカワです!! お客様の【美髪】の為に日々つぶやいております。   ちょっと久しぶりのブログになりました。(>_<)笑   日々のサロンワーク、沢山の方にご来店いただき忙しくなってます はい、ありがたい限りです!!(^^)笑 いつも見ていると言ってくれるお客様もいて感謝カンシャ!!!     最近、来店されるお客様からも、周りの美容師さんからも多く相談を受けていた   【ビビリ毛】の対処方法について。。。   ビビリ毛ってなんだ??って方の為に、 こんな感じで痛み過ぎてジリジリになった髪の毛です(>_<)   (美容師さん的に言うと、過軟化のビビリ毛、、)   痛々しいですよね。。。   主な原因として、 縮毛矯正、デジタルパーマ、ブリーチなどの 髪の毛に高い負担がかかる施術からなることが多く 過度な負担やダメージの蓄積によって 髪がそのカタチを正しい状態に保てなくなることでなります   ようは、傷み過ぎMAXの状態です。   そして大半の場合、美容師側の技術・薬剤選定ミスによるものが多いのも事実。 僕も若かりし頃はビビリ毛を作ってしまった過去があります。ごめんなさい(>_<)     こうなってしまうと、ハッキリ言って、カットが最善の解決方法です   髪は細胞自体が死んでしまうと再生することができないので、 たとえヘアエステやサロンでのトリートメントでも元に戻すことは不可能です   でも、女性の方にいきなりバッサリカットしてしまう提案は優しくないですし、 なにより根本近くからなってしまってる場合、坊主にさせるワケにもいきません   でも、念押しでもう一度言っておきます   カットが最善の選択です!!!   そうは言っても、 そこをなんとかしてほしいと思ってご来店されるお客様がいらっしゃるので、 僕なりの対処法をご説明します   あくまでもビビリ毛を治すということではなく 少しでも状態を良くして カットできる長さになるまでの 延命措置だと、お考えください 最終的にはいずれカットをする為の 今だけ を考えた方法です     その1【自宅でのシャンプー・トリートメント・アウトバスケアを変える】 まずは、この方法がビビリ毛において第一に考えるべき対処法です もし髪の状態に合っていないシャンプーなどを使っていたら、それ以上のダメージを生んでしまう要因にもなります 特にダメージへアの場合は、自分の判断でシャンプーを選ぶのではなく、プロである美容師さんに相談して決めてもらうことをオススメします 流行りや新商品が優れているという考えではなく 今の状態にあったものを 正しく選ぶ! アウトバスケアにおいては、使用回数とタイミング・使用量なども関係してきますよ あくまでも、ダメージ進行をこれ以上させない場合にとれる解決策であり、治ることではありません。     その2【皮膜処理コーティングをする】 なんじゃそれ??って方の為に補足すると 被膜(シリコンなど)で髪を覆ってしまいジリジリの痛みをコーティング(包み込む)ことです 大半の美容室におけるサロントリートメントのことですね   ん?? これって治ってるんじゃない?? 、、、、これ、落とし穴があります そしてトリートメントで髪が治ることはありません 以前にも書いたことあるんですが、皮膜処理系のトリートメントはやり過ぎると ダメージを生む要因にもなるんです オリナスがヘアエステを勧めるのも、この点からですね そこはまた別の機会に詳しく、、、   ですが、単純にこのビビリ毛の対処としての考えだと、被膜は悪くないかなって思います ビビリ毛ってやつは、いわゆる髪を守ってくれてるキューティクルがボロボロの状態 キューティクルは一度はがれてしまったら元に戻ることはありません ですが、ものは使いようで、被膜コーティングは一時的に疑似キューティクルのような役割をしてくれます   それを利用し髪を包み込み覆ってしまって少しでも良く見せようって作戦です   実際に若干指通りがマシになってくれたりツヤのおかげで 少し治ったように錯覚します   ですが、ホントにビビリ毛だけを覆う分にはいいかもしれませんが、健康毛などには かえって悪い方向に働いてしまうので使いどころの見極めは肝心です!!   シリコンにも多くの種類があり、皮膜処理系の薬剤は質と状態に左右されるので注意チュウイ☆   そしてもっかい言います   トリートメントで髪が治ることなんてありません     その3【ビビリ毛を縮毛矯正で強制的に戻す】 この方法はよく『ビビリ毛修繕・修復』などの言葉で打ち出されていますが、要は縮毛矯正の工程を踏み ジリジリになった髪の結合を一度断ち切り、まっすぐにくっつける方法ですね。 ですが、 とーーーーーーーーーーーーーーってもリスクを伴います!!(>_<) そしてまっすぐになるのかと言われると確実ではありません!!! 場合によっては悪化させてしまいます! (2回目。笑)   周りの美容師さんからも相談を受けるので、若干技術者さん向けにもなりますが、   ビビリ毛、、、なってしまう原因そもそもが縮毛矯正という施術においての失敗からがほとんど。   縮毛矯正で失敗してしまったところへ、再度、縮毛矯正なんて、、、恐ろしい。   まずは、順を追ってお客様にわかりやすく説明すると、 縮毛矯正で傷みは真っすぐになりませんよ!!と、常々僕が言っている理由として、 通常は上の絵の通り、左が元々持っているクセで縮毛矯正をかけて右側のまっすぐの状態にさせるのが縮毛矯正です(手書きで申し訳ない。。。笑)   そしてこれが、ビビリ毛の場合、 この絵が完全に正しいってわけでは勿論ないんですけど、わかりやすくイメージをもってもらうために書いてます   見てもらったら、痛んだ髪ってのは髪のカタチそのものがクセとか云々、ヘンテコな状態になってしまってて真っすぐにならないんですね。   これが、傷んだ髪に縮毛矯正をかけても真っすぐにならない理由です   だけども、可能性としては、ビビリ毛においての軽度重度の損傷具合によっては確かに修繕できる場合があります   成功の保証はできませんが、どうしてもって方は考えましょう そしてよくあるパターンとして、 縮毛矯正をかけて中間や毛先がビビッて失敗してる場合、根本の方の縮毛矯正もクセが伸びてないって事が多い   考えられる原因としては沢山あるんですけど、 お客様からしたら根本のクセも伸びてないし痛んだしで二重苦(>_<)   そしてその根元のクセが伸びてない部分を痛みと考えてしまって、もう矯正かけられないですって判断したら お客様は救われないです ここだけはしっかり見極めてあげることが必要ですね   そしてこの点に関しては、経験がものを言ってしまう部分だったりするわけで 縮毛矯正がサロン施術の中で難しい技術と言われる所以です   ひとえにビビリ毛って言っても色んなパターンがあります ・毛先中心のビビリ ・中間あたりのビビリ ・根本のビビリ(よく根本折れとも区別されますが、塗布量過多によるミス)   これだけ見ても、ダメージレベルや損傷箇所によって様々です   この状態によって、僕にも、できる事とできない事ってのが決まります!!   治せるって断言はホントにできません   まずないですが、自分のミスからならまだしも 他店でどんな薬剤を使ってたのか、これまでにどんな履歴やお手入れをしてるか分からない、 初めて来て下さる方は 特に 慎重に見極めて リスクが最も少ない方法からご提案させていただきます     これまで色んなパターンの髪の毛を診断してきましたが、治せるってすげー断言してる人をたまに発見しますが ホントですか???ホントだとしたら僕も知りたいっす!!!笑     そして、もいっこ【注意点】があります☆コレ大事かも!! カットが最善の選択! これ自体にはなんら問題はないんですけど、、、   そもそものダメージの根っこをカットすることが必要であり   くれぐれも梳き過ぎにだけは注意しましょう ビビリ毛になると髪が広がってしまい、なんとか量を減らしてボリュームだけでも抑えたい!!   その気持ちはわかりますm(_ _)m(お客様も、やってしまった美容師さんも)   ですが、よくあるビビリ毛からの対処として、やみくもに梳いてしまい、もはや修復以前に スタイルとしてどうなのよ?ってことになります!! 特に表面にスキバサミを入れ過ぎてしまい、余計、元の状態に戻すまでに時間がかかるなんてことも!!   やはりカットも薬剤による対処法も、それ相応の対応をしてくれる美容室を選ぶのがベストですね   キャリアは関係ないと思います。お店としての打ち出し方で、きちんと痛んだ髪の毛を診てくれる その『悩み』に特化した美容室は沢山あるので探してみてください。   もちろん、三鷹市民、武蔵野市民の皆さん、安心してください。僕がいてます!笑 絶対に治せるという自信はありませんが、最善の選択とご提案は確実にさせていただきます☆   あなたが想像する3倍!!僕が、その悩みと戦います!!!   まずは、ご相談ください。(^^)      

  • 縮毛矯正をかけて【キレイに見える髪】を作ったとて、【本質的にキレイ】かどうかは別問題

    縮毛矯正をかけて【キレイに見える髪】を作ったとて、【本質的にキレイ】かどうかは別問題

    2017.09.13ご来店されるお客様には、それぞれ、お一人おひとりに【悩み】があります     今回は、【価値観】と【目的】のお話です   三鷹で唯一の【髪質改善ヘアエステ専門店】オリナスの、   【ヘアエステ】と【縮毛矯正】を軸に【美髪】を作る美容師・マエカワです!! お客様の【美髪】の為に日々つぶやいております。   写真はオリナスに4度目のご来店になるお客様です   I様、お写真のご協力本当にありがとうございます。🙇   何度かオリナスにご来店いただき、 今回は【縮毛矯正エステ】をかけさせていただきました 皆さん、どう感じますか??   比べて見ましょう よくある『キレイになりましたね〜』と言ったことが言いたいわけでは、 ありません   before、afterを比べて見て、   皆さんの中には、絶対ストレートにした方がいいと思う方もいらっしゃると思います   ですが、このお客様は地毛を活かせるなら地毛を活かしたいと思ってます   地毛を活かした編み込みも、いつも可愛いスタイルです   なのでこれまでは【ヘアエステ】のみでの施術でした   特に強く矯正がしたかったわけでもないのです     価値観は人それぞれ     縮毛矯正をかけて【キレイに見える髪】を作ったとて、   【本質的にキレイ】かどうかは別問題。   縮毛矯正をかけるとサラサラストレートで指通り良くなります   だけど、ガンコなクセを真っ直ぐサラサラの状態に薬剤を使って変えるのです   リスクがないわけがない   リスクがないなら誰だって矯正した方がいいわけです   どれだけ僕が縮毛矯正を得意としていても、 それは、   ・施術にかかる負担を最小限に抑える ・失敗がない   これだけです。(勿論、大切なことです)     ゆえに、縮毛矯正をかけると施術にかかる負担があります   元々持っている髪本来の水分・栄養・状態が少なからずマイナスに変わります     大切なことは【これから】どう維持するか     矯正毛と新生毛が混在する時にどう【導く】のか     それが、僕の【責任】です       今回、縮毛矯正をかけさせていただいたのは、   ・お客様が毎日アイロンをかけていたから(毎日のアイロンは髪質を良くはしていけません)   ・過去に縮毛矯正をかけて失敗されたからトラウマがある(矯正=マイナスなイメージを払拭してあげたい、正しいケアも伝えたい)     この2つがあるから、今回、縮毛矯正エステを選択しました       上の2つの事がなければ、縮毛矯正はしませんし、ススメもしません       Iさんは、何度かご来店いただき正しいお手入れの方法もケアも知ってくれています   今後のキレイを維持する為の方法も約束してくれました       僕(オリナス)は、縮毛矯正が専門でオススメしているというわけでは決してありません     あくまでも【美髪の為】のひとつの【方法】です     人それぞれの美髪に対する価値観があり、 その為に沢山の方法があります それを責任もって伝える。 それが、 【髪質改善ヘアエステ専門店】オリナスです     まぁ、堅っ苦しく説明してしまいましたが、、、笑     僕としては、すべて、お客様の【喜び】に繋がるように誠心誠意、担当させていただくのみです!!!^_^          

  • 縮毛矯正についての僕の考え

    縮毛矯正についての僕の考え

    2017.06.02こんにちわ、 『三鷹』駅から歩いて2分♪ 髪がキレイになる美容室オリナスの前川です(^^)   今日は、【縮毛矯正】について僕の経験から感じる事と、思いを書いてみようと思います。   僕は今現在、髪質改善ヘアエステ専門サロンORINASで働いているわけなんですが、 元々はある縮毛矯正専門サロンで10年程働いていました。   1日に来るお客様の8~9割のほとんどが縮毛矯正でご来店するお客様です。   ざっと計算しただけでも、 普通の美容師さんが一生かけて担当する矯正のお客様の50倍くらいは担当している計算です! アシスタント時代やヘルプに入っている数も含めるともっとかな・・・ (普通の美容師さんっていってもお店によっては変わりますし正確な比較ではございません(^_-)あくまでも個人的調べです。)   だからといって自慢とか得意ですという話ではなく、それだけ縮毛矯正を必要としているお客様や 今まで矯正を敬遠されてきた方の喜ぶ顔、他店では諦めてしまった髪をキレイにすること、それらを沢山経験してきました。   そのサロンでは今の僕の基盤となるお客様に対する接客や技術、心、それ以外にも本当に沢山の経験と勉強をさせてもらって本当に感謝しています。そこで働いていなければ今の自分はないと思っています。   そして話は戻り、今現在は縮毛矯正という枠だけではなく、 幅広く提案ができ色んな悩みを様々な角度から解決できるオールマイティな美容師になるべく 髪質改善ヘアエステ専門サロンという選択肢を選び日々精進しています。   そんな中でよくお客様、そして同じく美容師さんからの意見として   『髪質改善ヘアエステと縮毛矯正って相反するものなのでは??』 と耳にします。   いいえ、縮毛矯正も立派な髪質改善です! 生まれ持った髪を本質的に変え扱いやすくキレイにするのがヘアエステですが、 頑固なクセで悩んでいる方にとっては縮毛矯正という方法も立派な髪質改善メニューです。   ですが、縮毛矯正=良くないといったマイナスなイメージがあまりにも多い!!   これが今回、僕が伝えたい部分です。     僕が担当するお客様の中では、、縮毛矯正をかけてしまったから痛んでどうにかしてほしいと逃げ込んでくる方も多いです。 そして矯正は前の美容師さんにかけない方がいいと言われたという方もいらっしゃいます。     周りの美容師さんを否定するわけではないですし、かけないでそのお客様が満足し喜んでいただけるならそれがベストだと思います。(美容師によっても得意とすることや求める質感が矯正毛では手に入らないときもありますので)     でもここで問題なのは、   ・縮毛矯正をかけて痛んだ ・縮毛矯正をかけないからそのサロンから離れてしまった   ということです。     これは、痛ませないようにきちんと髪を判断し、施術、アフターフォローまで、ご自宅に帰ってからのこと全てに責任を持ってしっかりとお客様に伝えれば、必ず、縮毛矯正をかけていても痛ませない髪は作れます!!     そして縮毛矯正をかけないとした理由に、時間的な理由や手間を考えて面倒だからかけない方がいいとした判断が本当になかったのかという美容師側における、都合のいい解釈じゃなかったのかということです。 (縮毛矯正をかけない美容師さんを否定しているわけではなく、お客様が求める要望に本当に向き合っていないとした場合です)     僕が知っている美容師さんの中には、髪質改善ヘアエステと縮毛矯正の両観点から沢山のお客様から喜ばれ支持されている本当に尊敬する美容師さんも数多くいます。   そして、逆に矯正は面倒な作業だから勧めない、痛ませたら怖いからかけないといった美容師さんも多くいるのも事実。 辛口にいうと痛ませたらかけないは勉強不足なだけですよね。それはダメだと思います(>_<)     なのでこのブログやホームページを見て、縮毛矯正について悩んでいるお客様にはまず、 縮毛矯正=マイナス なイメージをなくしていただきたいと思っています。     しっかりとした髪の状態の把握・適切な薬剤処置と熱処理・ご自宅での正しいお手入れ・将来のビジョンを共有   これらがきちんと揃っていれば絶対に安心していただけるメニューなのです!     縮毛矯正を得意としている、または好きと伝わる美容師さんに担当してもらうのがベストですね(^^)   そして、 ORINASにご来店いただいたお客様には、 もうひとつ、僕には武器があり、以前働いていた縮毛矯正専門サロンでは、 熱処理をアイロンではなくブローのみで行っていたという事。     アイロンを使わなくてもキレイに伸ばすことは可能なんですよ♪ 過度な熱処理ではなく低温で優しくブラシで整えながらの縮毛矯正技術になります。     ですが、勿論ブローだけで伸ばすことが正しいわけではなく、   アイロン施術、ブロー施術、どちらにも良さや使いどころがありますので、   ORINASではその両観点からお客様に必ず満足してもらいます!     今後のビジョンを一緒に共有し計画して、 今だけではなく、先を常に考えながらの縮毛矯正を一緒にしていきましょう!   【髪質改善ヘアエステを軸としての縮毛矯正】について これが僕の考えです。   縮毛矯正というメニューは髪への負担がかかるメニューに変わりはありませんが、 負担を最小限に抑え理想の髪を手に入れたのなら きっと喜びに変わるメニューにもなるはずです。   その為にも、今のアナタにとって本当に必要な施術かどうか、 状態と今後をしっかりと見極めるためにしっかりとしたカウンセリングから入らせていただきます。   ぜひオリナスに一度ご相談ください♪   【よくあるご質問】縮毛矯正って痛みますよね? 【よくあるご質問】私にはどのメニューが合っているのかわからない!!   髪質改善カラーエステについてはコチラ      

一人ひとりの悩みに寄り添った
オーダーメイドの施術です。

貴女のヘアアドバイザーとして、
貴女に最適な"オーダーメイドの髪質改善計画"を
ご提案します。
無理な施術で傷んでしまった髪…
もう切るしかないかな?と決断する前に、
ぜひご相談ください!

パーマやカラーを繰り返すほど
髪がキレイに扱いやすく

☑カラーやパーマをしながら髪が綺麗に
☑ペタンとなった髪がしっとり柔らかに
☑繰り返すほど髪が傷みづらくなる
☑お手入れが簡単で自然なツヤの髪に